« 宴会番外編 | Main | 静岡 追記 »

Saturday, May 21, 2005

静岡雑感 その5

最後は「なに戦」諸氏の話で締めくくりです。

会則も名簿もないクラブだというのは何度も書きましたが、それでもなんとか組織の体をなしているのは、みんなが大人だからです。根拠のない噂話の中には、私か「専制的」だとか一軍、二軍があって両者の軋轢があるとか、なかなか面白いネタがあります。二十人も三十人も集まれば、摩擦も好き嫌いもあるのでしょうが、そのあたりはみんな心得たものです。だてに中年を長いことやってません。

マムートコンテストでいつも賞を取っていた阿部さんが、突然やってきました。ピエールさんは奥様の説得にどうやら失敗したようです。そういえばまった君来なかったねえ。ポン師は二日目の昼にすべり込み、持参した作品はみなの予想を裏切って、144が一点。スキンさんは遠慮してなかなか作品を出しません。ほおっておいたら展示せずに終わったかも。

まあ、些細なことでも気配りのある人間ばかりにつき「なに戦」は続いているようなもんです。

杉本さんに言わせると、私は少々毒舌が過ぎる時があるらしいです。気をつけることにいたします。

|

« 宴会番外編 | Main | 静岡 追記 »

Comments

メンバーから時に意図を読みかねるコメントも出てきますが、やっぱり皆なに戦が居心地良いんですよ、店長の人徳に惹かれるんですよ、竹村さんの懐の大きさに安心しきれるんですよ。

Posted by: MIIKE | Saturday, May 21, 2005 at 11:25 PM

自己レスで恐縮です。少し弁解を。

今日のブログは帰宅途中の車中で書いたのですが、帰ってから「ポン師」の掲示板を見ましたら、またまた私の不適切発言で不快な思いをさせていた出来事が書かれておりました。「いかんなー」と反省してすぐにお詫びを書き込みました。

ところがふと気がつくと、今夜のここのネタはそれに対して、勘ぐれば「皮肉」とも「拗ねてる」ともとられかねない中味なんですねえ。ということで、あえて弁明をさせてください。

「上記は時系列的にも、私の心情としても、ポン師板で書かれていた私の不始末とは全く関係ありません」

正直、ええ年してあちこちで、些細なこととは言えもめ事の当事者になってしまい面目ない限りです。ほんとは仲裁に入るくらいのことせなアカン立場なのですがねえ。なんで、こうなりますかなあ。精進が足りません。


Posted by: 楽八 | Saturday, May 21, 2005 at 11:25 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62438/4221759

Listed below are links to weblogs that reference 静岡雑感 その5:

« 宴会番外編 | Main | 静岡 追記 »